スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009 高橋真琴個展

昨日は待ちに待った高橋真琴さんの個展に行ってきました。

今年の初め頃、ミキティの通う病院の本棚に真琴先生の本
「MACOTOのおひめさま」を見つけて以来、ファンになり、
上記の本はもちろん「少女ロマンス」「ゆめ少女」を買い、
ミキティのためといいつつ絵本5冊セットの「おひめさまえほん」
(近日再復刊決定)を注文中。。


↓まんまるキラキラの瞳にヤラレちゃってる私なのであります・・・
キラキラ~
私の子供時代(’70年代・’80年代前半?)にはごく当たり前
のように文房具や着せ替え人形やぬりえなど、
身の回りにあふれていましたよね?
懐かしいのと、その芸術性の高さに改めて感激なのです。


そして昨日、三ノ宮にある、小さなギャラリーで開かれている
個展に子供たちをダンナさんに預けてひとりで行ってきました。
(本当は、このトキメキを分かち合う誰かと行きたかったんだけど・・)
伊丹から30分ほど。こんな近くに本物を見に行けるなんて
この地にお嫁にこれたことを本当に感謝してしまう。
カミサマありがとうございます!

高橋真琴個展
場所はJR「さくら夙川」駅から徒歩3分くらいの住宅街の中。
コンクリートの建物は安藤忠雄さんの設計だそうです。
ギャラリー名「小さい芽」も安藤さんがつけたそうです。
2大芸術家のコラボレーションですね~

ショウウィンドーにはこのように展示してありました。
入り口
今年のテーマがジュエリー・ボックスなので、
ジュエリーがちりばめられてます。


あードキドキ♪先には2人連れの女子が階段を上がっていきました。
(ナカマだわ♪)

私も引き続きドアを開けると、廊下のような細い展示スペースに
ずらりと作品が。そのすべてに売約済みの赤いシールが張られていました。
うらやましい・・・原画をおうちに連れて帰れるなんて!
1番小さいのでも無理だもんなぁ。

ギャラリーは若い女子から、60代のご婦人まで。
10人以上はひしめいていたでしょうか。
みなさん、まるで少女のように目を輝かせながら、絵に見入っていました。
さすが、50年もお仕事されているだけあって、ファン層が幅広い!
ちなみに先生は今年75歳・・


自分の子供に買い与えていたお母さんがファンになり(50~60代)
その娘が大人になってファンになり(30代~40代)、
その継続した人気にロマンチック好きな20代が引き続き、
その2・3・40代の子供が新たなファンとしての予備軍として
今育てられている・・・のかな。

ミキティも一番のお気に入りの本は高橋真琴先生の本だもんね~。
先生の絵の乙女心をくすぐる力というのは普遍的なのですね、きっと。



ということで、私も同じく目をいっぱいに見開いて
1点、1点顔を限界まで近づけて見て行きます。


鉛筆のような線で、こまかい髪の毛一本一本まで丁寧に、
詳細に描かれた輪郭。すごいです。
ピンク色に染められた指先、ひじや頬。
そして瞳はその先に宇宙が広がってるかのような煌き。


まさにMACOTOワールド!


そしてふとお客さんたちが群がっているところに目をやると
イスに座っている白髪のおじいさんの後姿が目に入りました。

「あ!高橋真琴先生だ!」

(そうなんです。先生はなんと男性なのです。こんな乙女チック全開な
絵を描くのがオトコだなんて未だに信じられない)



急にどぎまぎして落ち着いて絵を見ていられなくなりました。
この美しい絵を描いているご本人に、もう会えてしまうなんて
どうしましょう??


とは言うものの、事前の調査で、ギャラリーには先生は
よく顔を出していらして、サインにも快く応じてくださるのを
知っていた私はやおらバックに忍ばせてきた、「少女ロマンス」と
サインペンを取り出して、胸に抱かえ、ゆっくりゆっくり
先生のいる方へ移動していったのでした。

そして、先生の横を通り過ぎ、絵葉書の販売のところで
何枚か選んで手に取ってふと振り向くと、先生とパチ☆っと
目が合いました。先生はそのとき誰ともお話していません。

チャンス到来!

「あの、先生サインをしていただいてもよろしいですか?」
「ああ、いいですよ(ニコニコ)」
「あ、ありがとうございます!」

本とサインペンを差し出そうとすると、
「こっちの金ペンの方がいいんじゃないかな?みんなにもそうしてるから」
と言ってくださいました。私の持ってきたのは黒い名前ペン。
先生はご持参の金色のポスカでをサインしてくれたのでした。
なんとお優しい~(感激)

「お名前は?」
「そしたらここに書いて(ニコニコ)」
メモ用の画用紙の端っこに私の名前を書くように指示。

コロコロ、といつも作品を書いているだろう、絵画用のペンシルを
私の前に置きました。
(こ、これは!先生がいつも作品を書いているお道具では!?)
(ひえ~このようなものまで触わらせていただけるとは)
(なんという幸せものだろう!わたしったら!)と心の中で叫びまくりの私。


どきどきしながら自分の名前を書くと、先生は
本のページにまず私の名前を、
そして丁寧で美しい文字で「高橋真琴」と書き、
くるくるくると絵のようなものを描くとそれは
あっという間にスミレに変身!

その筆の先の絵に感動の面持ちで見つめていると
また、丁寧に今日の日付を書き込んで、ポスカのインクが
写らないように、あて紙で押える。
その丁寧な作業に日々の作品作りのお仕事を垣間見たような気がしました。

↓この本に・・・
少女ロマンス
サインサイン♪

本当にありがとうございました。先生。感動です。


そしてもうひとつ思い切って握手をお願いして
「お元気で頑張ってください」と言ってしまいました。
(うひゃ~、いっちゃった~)

先生の手は大きくて柔らかでした
(この手であの繊細な絵を書くのですね・・・)



「今日は初めてきました」というと
「どうやって知ったの?」と先生。
「ネットで調べて来ました」と返すと
「そう、そしたらコレ、今年の案内状ね^^」と今日の個展の案内状を頂き
「住所書いていってね。来年は案内状くるからね^^」
とお優しい言葉をかけていただきました。


本当に謙虚で、お優しくて、ジェントルマン。素敵すぎです。


それからしばらく、他のお客さんと先生の会話を盗み聞きしながら、
作品をもう一度じっくりと目に焼き付けて、先生のご案内通り、
住所を記帳して、とてもとても去りがたかったけれども、
ギャラリーを後にしたのでした。
(原画の複製を買ったらそこにもサインをしてもらえるシステムに
なており、結局2回もサインをしてもらっちゃった☆ラッキー)


本当に来て良かった!
泣きそうなくらい、感動的な体験でした。

また絶対行きます

先生がいつまでもお元気で、私達の乙女心をときめかせる
作品を書き続けられますよう祈っています。


スポンサーサイト

[ 2009/11/15 01:21 ] すきなもの | TB(0) | CM(2)
aloneちゃんこんばんは。
この前お話してた個展、行ってきたんだね!
なんだか読んでて私まで感動してしまった~!
話しかけてサインもらったなんてすごいね!!
優しい方で良かったね♪
…というか描いている人が男性(しかもおじいちゃん)だったなんてビックリだけど...

お目目キラキラとは全く正反対だけど、
私は永田萌さんの絵(見たことあると思うよ!)が大好きで、
ずっと前だけど、同じく個展&サイン会に行って、サインを頂いたの。
これは私も宝物だよん。

今度お邪魔した時、またよかったら見せてね☆
[ 2009/11/16 23:33 ] かな [ 編集 ]
かなちゃんこんばんは。
そうそう、行ってきたの~!
すごく感動的な一日でした。
そのあと尼崎のCOCOEにも行ってきてね~ゆっくり羽伸ばしてきたよ♪

永田萌さんの絵。早速検索してみたら、やっぱり見たことある!
かなちゃんが好きそうなカワイイ絵だね^^
私も好きだなぁ。いもとようこさんとかも絵本でおなじみで優しいよね。

また今度そんなお話しようね☆
[ 2009/11/17 22:02 ] alone [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
♪aloneよりお知らせ♪
- Information -

*只今お返事が滞り気味なので、コメント欄は閉じさせていただいてます。ゴメンナサイ。。。

お返事は出来ませんが代わりに『拍手』をクリックするとコメントを書き込めます♪(aloneのみ閲覧可)

よろしければそちらにコメント頂けると嬉しいな(*´∇`*)後でお礼に伺います!もちろん拍手のみでもありがたいです!*

*リョウ一歩歩きましたもうすぐ10ヶ月*



-- E N D --
また来てくださいね♪
只今のお客様♪
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Anniversary




コメントありがとう!
プロフィール

alone

Author:alone
★私 alone ★
出身:東京生まれ、サイタマ育ち。
生年月:1973年4月
住まい:兵庫
2005年2月に兵庫に嫁に来ました。
ダンナさまと出会ったキッカケはお互いのblogを通じて。4ヶ月の交際の後、電撃的に授かり婚。でもそのラヴラヴさは今でも変わらず。だって運命の人だから…♪

★ダンナ speedysilence
出身:生まれも育ちも兵庫
生年月:1977年2月(私の4つ下)
真面目な会社員。スポーツ全般が好きでテレビでgolfをやってれば、コースに出たり家ではゴルフのゲームをする。同様にサッカーを見ればフットサルをし、家では…以下ry..

★長女 ミキティ★
生年月:2005年9月
ワタシ達の初顔合わせデートからちょうど1年後に誕生!正に愛の結晶♪ワンダーランドの住人→マイペースなメルヘン乙女。

★長男 たー坊 ★
生年月日:2007年7月
ミキティとは2歳差。とってもおちゃらけ&食いしん坊坊。

★次男 リョウ ★
生年月日:2010年11月
さてどんなキャラクターに育つやら・・・


 ★alone blog の歴史★

2004/9 goo でblogスタート

2004/9 ダンナさんと出会う!

2005/1 妊娠発覚!

2005/2 入籍!!兵庫嫁入り!

2005/4 挙式
結婚

2005/9 ミキティ誕生!
20050924
ミキティ


2006/6 fc2にblog引越

2006/10 第二子妊娠!

2007/7 たー坊誕生!
20070704212312.jpg
たー坊

2008/4 新築一戸建購入

2008/5 引越

2008/11 ミキティ3歳七五三
200811

2010/2 第三子妊娠

2010/4 ミキティ幼稚園入園
幼稚園入園式

2010/11/6
第三子次男・リョウ誕生!
moblog_06d8a31b.jpg
リョウタ

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。